Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>






qrcode





“青春の湧き立つ夢はぜひ消えるべからず”

これからは、コロナ予防策
21:46

これからのコロナ対策は、PCR検査

 

 

サーマルカメラ

 

 

自助、共助、公助

 

 

自助しかない

 

いざとなったら自分の身は、自分で守る。

 

 

すべての市民のニーズに行政は、応えきれない。

 

 

とは言え、行政でできることは、すべてやる。

 

 


| 2020.09.15 Tuesday | - | comments(0) |

19例目
20:41

市内における新型コロナウイルス感染症患者及び無症状病原体保有者の発生(令和2年9月13日現在)

市内における患者等の発生状況(19例目)

 令和2年9月13日(日曜日)、八街市において新型コロナウイルスに感染した患者(千葉県内2860例目)が確認されましたので、お知らせします。

1 年代:50代

2 性別:男性

3 居住地:八街市

4 職業:会社員

5 推定感染経路:患者2755接触

6 発症日:9月10日

7 検査確定日:9月12日

8 発症2日前からの行動歴:自宅、職場、医療機関

(千葉県報道資料を基に作成しています。)


| 2020.09.13 Sunday | - | comments(0) |

サーマルカメラ増設
17:51

サーマルカメラが増設されることになりました。

 

 

図書館、中央公民館、スポーツプラザの3か所です。

 

 

 

コロナ感染症にご自分の体温を知ることで

 

 

予防になれば、導入のし甲斐があります。

 

 

自分で自分を守る。しかありません。


| 2020.09.11 Friday | - | comments(0) |

八街市1位
20:14

住宅会社の『ホームズ』が、緊急アンケートによりますと

 

2019年4月からの今年の同時期の賃貸ユーザーの

 

問い合わせの増加率のランキングで八街市が、

 

第1位になりました。

 

【ホームズ】緊急実施iコロナ禍での借りて住みたい街ランキング(首都圏版) Page 2 0f2

 

2019年4月からの同時期と比較して2020年に賃貸ユーザーの問合せ数の増加率が最も大きかったのは「八街」(対前年同期比146.2%)でした。昨年から約1.5倍となっています。千葉県の郊外に位置しJR総武本線で千葉にもそのまま東京にもダイレクトアクセスが可能な街です。

2位は「姉ヶ崎亅(同140.3%)、3位は「大綱」(134.7%)と爛肇奪3″は千葉県郊外エリアの街が占めました。

 

以下、問合せ数の増加率が大きかったのは「相模原」(同133.8%)、「小田原」(同127.9%)ほかいずれも都心から50km圏を超えるエリアに位置する街が並んでおり、コロナ禍における賃貸ユーザーの「郊外化志向」が明確に表れる結果となりました。

 

また、増加率ランキノグ上位にはJR内房線、JR高崎線、JR東海道本線、東武伊勢崎線をはじめ、都心近郊から首都圏郊外まで延伸する長距離運行の鉄道沿線の街が数多く登場しており都心近郊エリアへのアクセスが乗り換えなしで比較的容易な郊外エリアの街を選択していることからも、街選びをある程度具体的にイメージして探していることが分かります。これは「通勤・通学可能な郊外」がコロナ禍て賃貸ユーザーに注目されている証左と考えることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2020.09.09 Wednesday | - | comments(0) |

アイパッド導入
07:33

市内の小中学生の4300人余り(すでに支給されている人を除く)に

 

アイパッドが、支給されます。受信装置を含めて

 

 

4億4000万余りになります。

 

 

国の補助金を得てこの事業を行います。

 

 

 ハードは、整いますが、広範心配されていますように

 

ソフトが追いつくかどうかです。

 

 

先生方にも負担が重くなる気がします。

 

 

ITが進めば進むほど大変になります。

 

 

 世界を見ると韓国の高校生は、すでに全員と言っていいほど

 

普及しています。中国、インドも然り、

 

 

インドでは、カースト制度の中で身分を乗り越えるには、

 

幼いころからコンピューターに精通し、奨学金を獲得し、

 

ムンバイなどの都市で働くか、あるいは、アメリカのシリコンバレーで

 

インテルなどでCPUなどの開発に携わるか、

 

 

世界中からその頭脳を求られています。

 

一説にインテルのソフト開発チームの年間予算は、1チーム当たり

 

100億とも言われています。

 

日本で使用する小型PCのCPUほとんどがインテルです。

 

日本のメーカーの開発費では、インテルを超えられません。

 

 IPadが、日本の未来を握ります。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 2020.09.06 Sunday | - | comments(0) |