Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>






qrcode





“青春の湧き立つ夢はぜひ消えるべからず”
<< 定額給付金申請状況 | main | 定額給付金のその後 >>

農業委員の承認
06:41

令和2年7月に任期満了となる

 

 

11名の農業委員の人事案件が、29日

 

 

本会議で採決されます。

 

 

農業委員は、市長の任命ですが、議会の承認が必要です。。

 

 

承認されると任期は、3年になります。

 

 

少なくても複数以上の女性農業委員、

 

 

 

報酬は、月額38,000円、

 

 

 

同時に議会の審議事項ではありませんが、農地利用最適化推進委員18名

 

 

は、農業委員会から委嘱され、報告されます。

 

 

報酬は、月額38,000円 任期3年です。

 

 

*農水省ホームページより 農地制度

更新日:令和元年6月19日
担当:経営局農地政策課


農業委員会等に関する法律(農業委員会法)及び農地法については、農業の成長産業化を図るため、6次産業化や農地集積・集約化等の政策を活用する経済主体等が積極的に活動できる環境を整備する観点から、平成28年4月1日から改正法が施行されました。

【農業委員会法改正のポイント】

  • 農業委員会の業務の重点は、「農地等の利用の最適化の推進」であることを明確化
  • 農業委員の選出方法を、選挙制と市町村長の選任制の併用から「市町村長の任命制」に変更
  • 「農地利用最適化推進委員」の新設
  • 農業委員会をサポートするため、都道府県段階及び全国段階に、「農業委員会ネットワーク機構」を指定

 ⇒ 農業委員会法改正の関連資料はこちら

【農地法改正のポイント】

  • 役員の農作業従事要件について、「農業に常時従事する役員の過半が農作業に従事」から「農業に常時従事する役員又は重要な使用人のうち1人以上の者が農作業に従事」に緩和
  • 議決権要件について、農業者以外の者の議決権を「総議決権の4分の1以下」から「総議決権の2分の1未満」に緩和
  • 農地を所有できる法人の呼称について、「農業生産法人」から「農地所有適格法人」に変更

| 2020.05.29 Friday | - | comments(0) |
Comment