Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>






qrcode





“青春の湧き立つ夢はぜひ消えるべからず”
<< 2025年大阪万博決まる | main | 本日臨時総務委員会 >>

水道法が変わります
22:58

従来、自治体が水道事業を運営管理していたものを

 

この法律が成立するとコンセッション

 

方式により民間業者が運営権を受託します。

 

《ウィキペディアより》

基本的な仕組み[編集]

公共施設等の管理者(主に国や地方自治体が該当する)から公共施設等運営権を与えられた民間企業は、公共インフラの運営を行うことができるようになる。ここで言う公共施設等とは、法律上は「公共施設等の管理者等が所有権を有する公共施設等(利用料金を徴収するものに限る。)」とされている。より具体的にはPFI法第2条において列挙されている「公共施設等」(インフラ)がその対象となり、「道路、鉄道、港湾、空港、河川、公園、水道、下水道、工業用水道等の公共施設」、「賃貸住宅及び教育文化施設、廃棄物処理施設、医療施設、社会福祉施設、更生保護施設、駐車場、地下街等の公益的施設」などが含まれている。なお、運営権を民間企業に設定できるのは、利用料金を徴収するインフラに限定されている。つまり、無料の駐車場や、入園料無料の公園などでは運営権を民間企業に設定することができない。

 

 

 


| 2018.11.26 Monday | - | comments(0) |
Comment